2017年11月18日土曜日

(YouTube) 絢香「瞳をとじて」[平井堅] @ 日本武道館 2013【HD】


絢香「瞳をとじて」[平井堅] @ 日本武道館 2013【HD】



庶民の年金はカットして…自民党「議員年金」復活を画策 ; 選挙で約束した「社会保障の拡充」とは、自分たちの年金のことだったのか。 選挙に勝ったら真っ先に自分たちの待遇改善を言い出すとは呆れるばかり


モリカケ問題が沈静化しない理由(小田嶋隆 日経BP):〈政府は、この本質的にはわりとどうでも良い首相ご自身の公私混同案件を隠蔽するために、結果として、およそ空恐ろしい掟破りの反則を次々と犯してきた〉


鶴保庸介前沖縄担当大臣に辺野古新基地利権をめぐり重大疑惑!「顧問料」「面会料」の名目で1000万円もの裏金が(リテラ)


自己破産するシニアが増えている意外な原因(読売新聞) ; 1997年に12%だった60歳代の自己破産者は2014年には6.7ポイント増の18.71%に。70歳以上で比較すると、1997年はわずか1%でしたが、2014年には8.63%と、大幅に上昇していることが分かります。


安倍晋三の看板(だけ)政策の変遷 ← アホらし!


2017年11月17日金曜日

東京 北の丸公園のイチョウ黄葉・ケヤキ紅葉 平川門まえ外堀通りのケヤキ紅葉 2017-11-17

11月17日、はれ。
北の丸公園のイチョウ黄葉やケヤキなどの紅葉が鮮やか。






▼平川門まえ(毎日新聞社まえ)外堀通りのケヤキがいい感じになってきた
表参道のケヤキもそろそろかな?


日馬富士をここまで追いかけられるメディアがなぜ加計学園理事長を追いかけないのか / メディアは、日馬富士や山尾志桜里議員は追いかけなくていいから、加計学園理事長や元TBS記者の山口敬之氏、安倍昭恵夫人を追いかけて問い詰めろよ / テレビは当分、横綱・日馬富士の暴力事件でハシャグ。加計疑惑は二の次、三の次となる。官邸は大喜び......






「自分たちの質問する機会が少ない」と言う自民党議員の質問主意書、今年の国会でゼロだったことが判明!(野党438件) 「若手が質問したい」なんてのは完全なるウソ・作り事であることが判明した


【あの手この手の増税(来年は選挙がないので増税チャンス!)】 政府が、子どもがいない世帯で年収800万~900万円超の場合に増税とする案を検討していることが判明(共同) / 500万円世帯で年30万円…「サラリーマン大増税」が急浮上(日刊ゲンダイ)





--------------------





足立康史「李下に冠を正した安倍総理を犯罪者が取り囲んで」(やっぱり安倍晋三は怪しい、と言ってるんだね) / 足立議員が陳謝、立憲民主は懲罰動議を提出 / しかし、一時はTwitterで「反省も撤回もしてない」などと… / 石破茂「悲しみを禁じ得ない。」 / 松井一郎「(足立氏はツイッターで)炎上させて確信犯的に話題のために手段としてやったのだろう」と / 「犯罪者」発言の足立議員は政治資金の使い方も非常識 (日刊ゲンダイ)   


-------------------








---------------------







---------------------


---------------------


--------------------


--------------------------


--------------------------

2017年11月16日木曜日

皇居東御苑の紅葉 本丸広場 二の丸雑木林 諏訪の茶屋付近 潮見坂 ジュウガツザクラ フユザクラ 2017-11-15

11月15日の皇居東御苑

▼ジュウガツザクラ(大手門を入ってすぐ)

▼フユザクラ(本丸休憩所まえ)

▼本丸広場の紅葉


▼二の丸雑木林の紅葉

▼二の丸庭園、諏訪の茶屋付近

▼潮見坂

NHKニュース7の今夜(11/15)の報道項目。 今日、衆院文科委で行われた「加計問題」審議を全く伝えなかった。5カ月ぶりの国会審議で、国民の関心も高い首相の疑惑についての経緯や手続きをめぐる与野党の質疑を無視するとは驚き。官邸の圧力か、局側の安倍忖度か、公共放送は死んだ、も同然。恥を知れ! / 翌日の朝のニュースにも「なし」  



日本企業が世界の軍事産業と肩を並べる日がくる…?(テレ朝) / 安倍・菅官邸主導の下、軍産複合体作りが着々と進む。中東・ドバイの武器見本市の航空ショーに日本の輸送機C2を展示、売り込み。豪州への潜水艦輸出で 慎重だった川崎重工の常務も「装備品の輸出、拡大できればビジネスでやれる。日本の安全保障にも貢献」儲かればよいのか。— 望月衣塑子



原発の高レベル廃棄物を最終処分する場所選定に向けた国主催の意見交換会で、運営の下請け企業が、学生に「謝礼が出る」と約束して動員していた。 / さいたま市での説明会では、一人1万円の日当を約束し、学生12人を動員




首相動静(15日)「午後7時4分、東京・六本木の国際文化会館。日本酒のお披露目会に出席し、あいさつ。昭恵夫人同席」…じわじわ「復活」してる — 冨永 格(たぬちん)


加計疑惑・衆議院文科委審議(11/15)。①特区諮問会議;どこで4条件クリアしたのか不明 ②設置審;申請内容と、それを是正した審議過程を見るに、到底「世界に冠たる最先端の獣医学部」とは言えない / 立憲民主党・逢坂誠二「個別のことは残っていないけれども、結論だけ残っている。だから結果ありきだって、批判されるんですよ!」 / なんのための質問時間増? 加計疑惑の当事者・義家弘介前文科副大臣が質問に立ち、「内部文書は捏造」と陰謀論を主張 / 得意の炎上狙い、維新の足立の暴言「福山氏と玉木氏は犯罪者」と  / 加計問題審議は中断12回…“迷答弁”内閣府政務官の正体 ; 12回も審議が止まった結果、速記停止は計7分にも及んだ。野党側から「答弁がヒドイ!」とヤジが飛ぶ中、冨岡勉委員長には「大丈夫? 答えられる?」と声をかけられる始末だった    




--------------------------


---------------------------






-----------------------


------------------------------


------------------------------



--------------------------






--------------------------









----------------


----------------------






2017年11月15日水曜日

米空母「セルドア・ルーズベルト」と並走する海上自衛隊のヘリ空母「いせ」。そして、その上を、米戦略爆撃機B-1Bが飛行。日本海で行われた日米共同訓練。日米一体となった北朝鮮に対する軍事的威嚇行動ですね。これで金正恩が核・ミサイル開発を止めることは絶対にないでしょうが。— 布施祐仁



2017年11月14日火曜日

東京 北の丸公園の黄葉・紅葉 田安門と紅葉モミジ 千鳥ヶ淵戦没者墓苑まえの紅葉 2017-11-13

11月13日(月)の北の丸公園の黄葉・紅葉。







▼田安門と紅葉モミジ

▼千鳥ヶ淵戦没者墓苑まえの紅葉

「社会保障」政策を最優先が最多 FNN世論調査(FNN); 「憲法改正」(2.8%) 政権に有利な質問設定をするFNN世論調査でさえ、憲法改正を期待する声はこんなにも少ない。


「社会保障」政策に最優先で取り組んでほしいとの声が、最も多い結果となった。

FNNが、12日までの2日間行った世論調査で、11月1日に発足した第4次安倍内閣で、安倍首相が全ての閣僚を再任したことへの評価を尋ねたところ、半数を超える人(52.0%)が「評価する」と答え、「評価しない」(38.2%)を大きく上回った。

安倍内閣が最も優先して取り組むべき課題を選んでもらったところ、「年金・医療・介護など社会保障」が25%(25.4%)で最も多く、次いで、「景気や雇用など経済政策」が19%(19.1%)。

「子育て支援や少子化対策・教育無償化」が、14%(14.8%)で3位だった。

4位以下は、「財政再建」が11%(11.8%)、「北朝鮮問題など外交・安全保障」が8%(8.8%)、「森友学園や加計学園をめぐる問題」が6%(6.4%)。

そして、「原発などエネルギー政策」(3.5%)、「憲法改正」(2.8%)などと続いている。



加計の件、石破4条件について。 菅官房長官「憶測で質問するな」 東京新聞・望月記者「取材に基づいて聞いてる。諮問委員会で4条件は議論していない。4条件にどう合致してるか政府として説明責任があるのでは?」 菅「適切に処理をした」 ← ハ?


平和大使演説阻止へ圧力 外務省公電で判明 「高校生に退出要求もできる」 核保有国?が日本に(西日本新聞); 核保有国とみられる一部の加盟国が今年2月以降、高校生にスピーチをさせないよう日本政府に圧力をかけていたことが、西日本新聞が入手した外務省の公電で分かった


 2014年以降、毎年8月にジュネーブ軍縮会議で核兵器廃絶を世界に訴えてきた日本の高校生平和大使の演説が今年は見送られたことに関し、核保有国とみられる一部の加盟国が今年2月以降、高校生にスピーチをさせないよう日本政府に圧力をかけていたことが、西日本新聞が入手した外務省の公電で分かった。同国の軍縮大使は「自分は高校生に議場から出て行くよう求めることもできる」などと日本の軍縮大使に迫り、当初強く反論していた日本側も見送りに応じた。

 本紙は外務省に、この問題に関する情報公開を請求。軍縮会議日本政府代表部の高見沢将林軍縮大使がジュネーブやウィーンで他国の軍縮大使らから受けた「問題提起」について、岸田文雄外相に報告した公電などが開示された。公電は秘密指定を解除されているが、相手国名や発言の詳細は黒塗りにされていた。

 高校生平和大使は、日本政府が1日だけ政府代表団に登録する形で、軍縮会議本会議場でスピーチを認められてきた。開示された公電や外務省の内部文書によると、同国の軍縮大使や次席が今年2月以降、日本側に「軍縮会議の手続き規則は、高校生が政府代表団の一員になることを認めていない」と数回にわたり指摘。「毎年続くようであれば、しかるべき対応をせざるを得ない」とスピーチの見送りを求めた。

 日本政府側は当初「若い世代の活動を通じて、核兵器使用の惨禍について正確な認識が深まり、『核兵器のない世界』に向けた国際社会の機運が高まっていくことを期待している」などと反論した。

 しかし、同国の軍縮大使は「自分は高校生に本会議場から出て行くよう求めることもできるし、実際にそうすることも考えたが、無垢(むく)な高校生を困惑させることはしたくないので思いとどまった経緯がある」「今後は手続き規則違反として異議を申し立て、ブロックする」とまで迫った。

 こうした要請を受け、外務省は見送りを決めたという。理由について外務省は(1)高校生を政府代表団に含めるには加盟国の合意が必要なため、手続き上難しい(2)本会議場で高校生がスピーチしようとしても、報道機関に公開されている場で止められてしまいかねない-と説明している。

 公電の国名は黒塗りされているが、前後の文脈などから核保有国とみられる。

 外務省軍備管理軍縮課は「強硬な言い方で問題提起する国が出てきたのは今年になってからだが、手続き面を問題視する声は以前からあった。(今年7月に採択された)核兵器禁止条約の制定とは無関係。来年以降の対応は未定」としている。


(動画) 伊藤詩織氏の取材に、逃げる警察庁総括審議官の中村格 マズいことがあることの証明


防衛装備品“爆買い”の愚 元米軍人「ミサイル迎撃は困難」; 宇宙関連事業のコンサルティング会社社長のランス・ガトリング氏「北朝鮮の大陸間弾道ミサイルを日本は迎撃できるのかと問われたら、答えは“ノー”です」(日刊ゲンダイ)


「第二次世界大戦中、シンガポールは病気をまき散らす為の拠点として利用された」。関東731部隊がシンガポールで腺ペストを育成した後、日本軍はそれを中国に空爆していたことが判明。ようやくシンガポール支部OKA9420に関しての記録が明らかに(「ザ・ストレーツ・タイムズ」シンガポール)


メラニア氏 昭恵氏に「なぜ韓国の話ばかりするの?」と疑問(BLOGOS 女性セブン2017年11月23日号);【米大統領夫人が昭恵氏に放った皮肉】 「メラニア夫人は、“あなたは日本人なのになぜ韓国の話ばかりするんですか?”と返したそうです。それには昭恵さんも苦笑いするしかなかったようです」


古賀茂明「『米朝有事で最大30万人が死亡』を追及した東京新聞の望月記者を黙殺した菅官房長官」(AERA.dot)